東京スバルライオンズクラブは令和3年7月8日(木)にリーガロイヤルホテル東京にて7月期定例会を開催いたしました。
4月のお花見例会以来、2ヶ月ぶりの開催です。

いよいよ当クラブも、新しい期、広瀬会長2期目の19期に突入です。

広瀬紫乃会長から以下挨拶がございました。

——————————
最初に大雨の被害を受けられた方に心よりお見舞いを申し上げます。
被災者への支援につきましては330A緊急アラート委員会よりご連絡がありまして、ライオンズクラブ国際協会の通達待ちでございますのでよろしくお願いいたします。

東京スバルライオンズクラブ会長の広瀬紫乃でございます。
昨日、7月7日は星に願いを
七夕の節句(笹の節句)でしたが、
皆様はどんな願いをされましたでしょうか。
私は心願成就の願いを唱えました。
東京スバルのスバルとはおうし座の散開星団、プレアデス星、日本語でスバル星から由来してつけられたそうです。

前年度の上半期8月から12月はコロナ期ではありましたがなんとかコンスタンスに例会を開催する事が出来ました。
下半期は活動が制限下におかれ、4月のお花見例会と代々木の音楽ホールムジカーザでの音楽療法コンサートのみの開催となり、活動も思うようにままならない時期でございました。

私たち人類が生まれてから味わった事もない全世界を巻き込む自粛制限期間は記憶に残るものとなったことでしょう。
皆様におかれましては、さまざまなご協力をいただきまして心より感謝いたしております。
誠にありがとうございました。

本日、7月からは新しい期のスタートです。
東京スバル、第19期、今期のスローガンも、「覚醒の新時代へ WeServe」と致しました。

今年は、東京オリンピックも開催され、本来の活動の再開を期待いたしますが、
再び緊急事態宣言下に置かれる流れです。
これまでとは違う内容・やり方がより一層求められると感じます。
コロナ期における新たな奉仕活動を会員の皆様と共に考え、実行していきたいと思います。
来月の8月例会では、前々から企画しておりました進藤元ガバナーによる新人研修を執り行います。
お持ち帰り可能な折り詰めのお弁当にアルコール無しの形式となるかもしれませんが、是非、会員の皆様に置かれましては、ご参加の程、宜しくお願いいたします。

これから1年間、We Serveの精神のもと皆様と楽しく有意義な活動が出来るよう尽力してまいりますので、皆様のご指導、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

——————————

広瀬会長の挨拶に続いて
司会の佐藤幹事より式次第に基づき穏やかな雰囲気の下、進行されました。

今回も引き続き、国歌「君が代」「ライオンズクラブの歌」を自座にて拝聴いたしました。

続きまして、佐藤幹事より理事会決議内容の報告。
報告は以下の通りです。

・入会審査について
・8月例会での進藤元ガバナーによるライオンズ新人研修の開催
・音楽アクティビティの進捗報告

続きまして、松浦卓司会計による会計報告。

✨ガイディングライオン授賞式✨

✨ガバナーズアワード授賞式✨

当クラブは
【GST新規部門優秀賞】
【PR優秀賞】
【GST合同部門最優秀賞】
を受賞いたしました。

林理事より乾杯の挨拶

斉藤アンジュ玉藻L、斉藤Lによるバイオリン演奏と音楽療法紹介です。

今回も素敵な演奏をしてくださいました。
・赤とんぼ
・夏の思い出
・夕焼け小焼け
・エーデルワイス

✨吉武Lのマジックショー✨

 

最後に、全員でまた会う日までを和になって拝聴し、広瀬会長の閉会のゴングで幕を閉じました。

例会終了後、全員で記念撮影。

令和3年7月9日

撮影/執筆/監修 東京スバルライオンズクラブ事務局 L高橋 里奈