ライオンズクラブ国際協会330-A地区、東京スバルライオンズクラブ(会長 広瀬紫乃 幹事 佐藤嘉寅)は、令和3年8月4日(水)8月定例会をスバル例会場「リーガロイヤルホテル東京」にて午後5時半より開催いたしました。
司会進行は、佐藤幹事により執り行われました。

広瀬会長による開会のゴングのあと、国家君が代、続いてライオンズクラブの歌を参加メンバー全員で拝聴しました。
続いて広瀬会長の開会の挨拶です。

会長挨拶の骨子は次の通り。

——————————
愛をチャリティーという形で体現し、世界の人々の幸せのために、平和のために、日々活動している仲間たちの集まり、それがライオンズクラブであります。LCIF  (Lions Clubs International Foundation )ライオンズクラブ国際財団の基金は、100%、地域社会に活かされ、多くの人生を変える事業をサポートするために使用されています。
今期は、東京スバルの会員の皆様には、既にご周知の事と存じますが、年に一度のLCIF 献金は全員で達成いたしましょう。
本日は東京スバルにとって同じ11R1Zで日頃から大変お世話になっております、
330A地区の中井正力(まさりき)地区ガバナー、
進藤義夫前地区ガバナー、
吉田亮一リジョン・チェア・パーソン
そして、東京スバルの親クラブであられます、新宿北ライオンズクラブの皆様、御意見伺い隊の森亮介ライオン、はなみずきの泉ライオンなど、尊敬申し上げる先輩ライオンズ方々にゲストとしてお越し頂いております。
大先輩からの一語一句からライオンズ精神を学ぶ事の出来る良い機会です。
人の出会いは一期一会。
こういう時期だからこそ、人と人との繋がりを心の通い合いを大切に。
今、この瞬間に生きるをモットーに、
本日の例会を開催させて頂きました。
私の御尊敬申し上げる中井ガバナーは私の入会式、スペシャル例会、前期の会長就任式の時にも例会訪問頂き、東京スバルライオンズクラブは日頃からお世話になっております。
今期はGMA プロジェクトチームにて会員満足度においてご指導頂いております。
新入会員入会式の後には
進藤義夫前地区ガバナーのライオンズセミナーを開催頂きます。
進藤義夫前地区ガバナーは
「入会以来、平均毎年50回もの多数の例会訪問を重ね、その経験をもとに全国各地でセミナーもなさっております。昨年はコロナ禍のなか、ガバナーを務められました。カレーが好きで初代カレー王子とも呼ばれております。」
最後まで楽しいひと時を心に残る幸せな瞬間を皆様と共に共有する事が出来ますように!祈念して8月定例会を始めます。
——————————

広瀬会長の挨拶に続いて佐藤幹事より理事会決議内容の報告がありました。

次にご来賓の挨拶として中井正力地区ガバナーより
新宿ライオンズクラブのメンバーの1人が、震災復興支援募金活動をされた子供たちを、自宅に泊めて慰労するという、大変心打たれ、感動するお話をしていただきました。

広瀬会長2期目、8月期夏季例会、さて、本日のメインイベントは新入会員の入会式でありました。

東京スバルライオンズクラブ
🌸浅野絵里ライオン    スポンサー🌸林 潤ライオン
🌸佐井 未甫子ライオン  スポンサー🌸岡安 有子ライオン

新宿北ライオンズクラブ
🌸森太郎ライオン     スポンサー🌸都築政通会長
🌸村上和彦ライオン    スポンサー🌸都築政通会長

親クラブである新宿北ライオンズクラブも本日、スバルと合同例会入会式を執り行いました。

都築政通新宿北ライオンズクラブ会長よりライオンズ🦁帽子を被せていただきました。
中井正力地区ガバナー、広瀬会長に続き、新入会員4名は、右手を高々と挙げ、ライオンズの誓い「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」を一節ずつ噛み締めて読み上げ、晴れて本日よりライオンズクラブ国際協会の一員となられました。

新入会員の入会式に続いて進藤義夫前地区ガバナーより
○ ライオンズクラブの歴史と基礎知識
○ ライオンズクラブに今起きている変化
○ 各クラブのアクティビティや例会訪問で気付いた感想
○ ライオンズを好きになるためのヒント

進藤ライオンより全国の例会やアクティビティへ実際に参加した様子がご披露されると会場の参加者あちこちから、驚嘆の声が上がりました。

スバル会員のお声掛けで一般の方をゲストに招いてライオンズセミナーはより一層充実し、盛況の内に終了いたしました。

続いて乾杯(We Serve)の音頭を吉田亮一11Rリジョンチェアパーソン(新宿ライオンズクラブ所属)より声高らかにご発声いただきました。有難うございました。

最後に参加者全員でまた会う日までをバンザイにて拝聴し新宿北ライオンズクラブの都築会長の閉会の挨拶で幕を閉じました。

令和3年8月4日

執筆者 東京スバルライオンズクラブ  広報委員長 L道橋 和志
監修  東京スバルライオンズクラブ事務局  理事 L高橋 里奈