ライオンズクラブ国際協会330-A地区11R1Z 東京スバルライオンズクラブ (会長広瀬紫乃L・幹事佐藤嘉寅L)は、令和3114()16時より、リーガーロイヤルホテル東京にて、前回、84日、参加者の皆様から大変ご好評であった330-A前地区ガバナー進藤義夫Lによる新人ライオンズセミナーに引き続き、本日もセミナーと例会の二部制を企画いたしました。

まず、ゲストを代表して330-A地区中井正力ガバナーよりご挨拶を賜りました。

続いて、広瀬会長より今日の講師のご紹介がありました。

今回のライオンズセミナーは、333-C元地区ガバナー吉原稔貴(としたか)L国際協会認定講師(LCIP)をお招きし、オープンセミナーの形式で行われました。

親子二代にわたるガバナー経験者である吉原稔貴講師の語り口は、民放のアナウンサーを彷彿させるような甘い良き響きの声と分かりやすい説明で穏やか雰囲気の下で終始進められました。

セミナーテーマは、
『21世紀のライオンズクラブを元気に存続させるために私たちに出来ること』
でございました。
今、ライオンズクラブが直面している問題点を333-C元地区ガバナー吉原稔貴Lは、的確に捉え、その解決策を実体験に基づいて具体的に熱く熱く語っていただきました。

ライオンズ歴32年超の実体験に基づく講演は、全てが、リアルでなるほどそうだったのかと我が身に置き替えてもその思いは、同じで、ひしひしと感ぜずにはいられませんでした。

333-C元地区ガバナー吉原稔貴Lの講演後は、会場のあちらこちらから割れんばかりの大拍手、喝采でございました。

 

広瀬会長と佐藤幹事の今回のセミナー企画に心から感謝いたします。

セミナーに参加された方々は、それぞれ何かを、感じ取られてお帰りになった事と拝察いたします。

第二部は、スバル11月期例会です。

広瀬会長の開会のゴングに続き、佐藤幹事の司会の下式次第に沿って会は厳かに進行されました。

斎藤アンジュライオンのバイオリン演奏付きの豪華な国家君が代に続いてライオンズクラブの歌を斉唱しました。

続いて会長挨拶。

広瀬会長の11月の挨拶は、次の通り

11月に入り、美しく風に舞う木の葉に秋の深まりを感じる今日このごろですが、お元気でお過ごしでしょうか?

本日は新入会員2名の入会式を執り行います。

素敵なライオンの大先輩方にお集まり頂きまして、新しいメンバーをお迎え出来ますことをたいへん嬉しく心より感謝申し上げます。

お食事の後は、東京スバルライオンズクラブのアクティビティ・音楽療法ミニコンサートをお楽しみくださいませ。

将来有望な若手演奏家によるクラシック音楽をご堪能頂けましたら幸いです。

ライオンズのお仲間と共に楽しく語り合い心暖まるひとときをお過ごし頂ければ光栄でございます。

広瀬会長の挨拶に続いて佐藤幹事より理事会決議内容の報告がありました。

続いて今月も先月に引き続き
2名の新入会員入会式です。

スポンサーは、泊正重前会長と小川まなぶ理事です。

広瀬会長の指示の下、新入会員のお二人は、右手を高々と挙げ、ライオンズの誓い「われわれは知性を高め、友愛と相互理解の精神を養い、平和と自由を守り、社会奉仕に精進する」を広瀬会長に続き、一節ずつ噛み締めるように読み上げ、晴れて本日より新たにお二人がライオンズクラブ国際協会の一員となられました。

東京スバルライオンズクラブ
🌸高橋昭博ライオン スポンサー🌸泊 正重ライオン
🌸山崎貴史ライオン スポンサー🌸小川まなぶライオン

髙橋昭博ライオン、山崎貴史ライオンの新入会員入会式は、齊藤恵美子Lの素晴らしいピアノの生演奏と共に、挙行され、大変素晴らしいものとなりました。
この度のご入会誠におめでとうございました。

その後、333-C元地区ガバナー吉原稔貴Lによる乾杯のご発声の後、暫し歓談に入りました。

来賓の方々から次のとおりご挨拶をいただきました。

330-C地区元ガバナー濱野雅司Lからは、本日のセミナーの講師である333-C元地区ガバナー吉原稔貴Lとは、昔から大変親しくお付き合いさせていただいておりまして、その関係から、本日スバルライオンズクラブのセミナーと例会に参加させていただきました。

スバルさんの益々の発展をご期待しております。
との激励のお言葉をいただきました。

330-A前地区ガバナー進藤義夫Lからは、LCIFの今後の動き、クラブに還元されるシェアリングシステムのご説明を熱く語っていただきました。

330-A元地区ガバナー伊賀保夫Lからは、西早稲田地区を中学生時代から20年近く過ごされたという感慨深い想い出話をご披露いただきました。

330-A元地区ガバナー阿久津隆文L(スバルガイディングライオン🦁)からは、中島ガバナー期のスバル発足時の楽しいエピソードもいただきました。

その後、斉藤恵美子ライオンより、将来が嘱望される若手ピアニスト2名のご紹介と演奏をしていただきました。

お2人の全身から繰り出される若さあふれるピアノ🎹の鍵盤捌きには、心打たれました。まさに、若さと元気をいただきました。斎藤恵美子ライオン感動をいただきありがとうございました。

最後にまた、会う日までを全員で斉唱して
松浦卓司ゾーンチェアパーソンの閉会のゴングで幕を閉じました。

令和3年11月4日

執筆者
東京スバルライオンズクラブ広報委員長 L道橋和志

監修
東京スバルライオンズクラブ 事務局 L高橋 里奈

※次回12月例会は、クリスマス例会🎅🎄🤶として12月1日に予定されていますので、皆様ご家族揃って奮ってご参加くださいませ。